返済方法の注意点

カードローンとのキャッシングの大きな違いは支払い方法であり、カードローンは分割のリボルディング払いで、キャッシングは翌月一括払いが基本になります。カードローンの方が金利が安いと言われていますが、キャッシングより若干金利は安いものの、カードローンは返済に時間を要するため、返済終了までの金利を含めていくと総額の支払い金額は多くなることがあります。

注意したいのは、リボルディング払い方式になると、返済回数が多くなる程、月支払額は楽になりますが、返済総額は多くなる事を認識すると返済プランを立てやすくなります。リボルビング払いは一度に負担する金額が少ないため、借金をしているという感覚が薄くなってしまいがちです。そのため安易な気持ちで利用し続けてしまうと返済が長期間にわたってしまい、高額な金利負担を強いられてしまうだけではなく、金銭感覚が薄れてしまう危険性もあります。

キャッシングですと少々金利は高くなりますが、一括返済時の総額金利がカードローンに比べかなり安くなる場合もあります。返済計画が立てやすく、利息の計算が簡単というメリットもあります。どうしても分割しなければならないほどの高額な出費でなければ、キャッシングを利用するほうがお得と言えるでしょう。